CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 02年C9-3バッテリー警告灯・点灯 | main | 9−5 中古車購入後のあれこれ >>
社外パーツは要注意!!
C900で、信号待ち後、発進しようとしたら、AT滑ってるみたいで、動かないとのTEL。
ATFの量の確認をお願いしたら、直ぐに、押して移動させて、後ろを見るとオイルが多量に垂れているとの連絡あり。
ロードサービスでの入庫になった。

右前のオイルクーラー付近からのATF大量漏れである。
右前コーナーランプ外して覗きこむと。。。。
げげっ!!
社外ホース
ATFホースが、かしめの部分から、すっぽり抜けてしまっているではないかい。。
約2年、2万km前にエンジン、ATのオイルクーラーホースを交換済、ところがいつも汎用ホースでバンド止めでだが、長巻汎用ホースが寸足らずで足りなくなった為、このホースのみ海外パーツ屋から取ってあったものを使っていたのだった。
取り付け当時は、社外品なりの見かけで、大丈夫だろうと、思ったのだが。

この社外品ホースのNGな部分は、ホースの入るパイプ部分に抜け止めの加工(タケノコ状の段)がない事である。
純正の使用済みパイプ部との比較画像。
社外ホース抜け止め無し
左:純正品(抜け止め加工あり)
右:社外品(抜け止め無し)
抜け止めがあれば、ホースが経たってきて、かしめの部分が回ったとしても、抜ける事はない。
ホースに入る部分には車に限らず、必ず抜け止めの出っ張りがあるのが常識であるが、この社外品にはなった。
ホースの劣化も酷いものだった。
約2年、2万kmでこのひび割れ状態である。
社外ホースひび割れ
もちろん、純正品のパイプ部に汎用ホース&バンド止めで修理したが。。。
抜け止めなしの為、すっぽ抜けて原因わかったが、社外品ホースの場合新品でも、1本犠牲にして、パイプ部が抜け止めされているかどうか、確認しないといけないのだろうか。
全ての社外品がそうとは、限らないと思うが、事前にチェックはできないのである。
抜け止め加工のコストはこういったパーツの場合は最低限必要だが、この社外品はそのコストさえ削られていたのだった。
ホースの材質もそうであるが、
汎用ホースでバンド止め
社外品には、とんでもない粗悪品があり、何回も痛い目にあったが、安かろう、悪かろうと言えば、それまでだが。。。
 
| 思った事 | 14:19 | - | - |