CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 2005年式9−3・キースイッチ交換 | main | C900I・2ドアセダンのデフリングギヤが! >>
N9−3給油直後に始動困難になる。
04年式N9−3走行約6万km。
給油直後に始動困難になるが、結局はエンジンは掛かり、数分回転不安定とエンジンチェックランプが点灯し、その後は正常に戻る。
給油後また同じ症状が出るの繰り返しとの事。

キャニスターパージバルブが開きっぱなしでは?と予想して、実際それが原因だったのだが、そこまで、露骨な症状が出るとは思えなかった。

キャニスターパージバルブが何たるかは「キャニスターパージバルブ」でネット検索してもらえれば、私の支離滅裂な解説より、良くお分かり頂けます。

パージバルブ4
通電なしで閉じた状態なので、パイプの片側から口で吸ってツーツーだったらNG。
簡単明瞭な点検。
ツーツーだったので、開きっぱなしで、ガソリンの蒸発ガスをどんどこ吸って不調。
パージバルブ自体のソレノイドバルブの断線、ショートしている訳ではないので、テスターではパージバルブ不良とは出ない。
ミスファイアの兆候ありだけで、テスターは万能ではない。
何で給油直後だけ症状が出たのかは、不明だが、最近の車は、ガソリンの蒸発ガスのコントロールに、複雑な仕組みがしてあるようである。

パージバルブ3

ACデルコのパッケージに入った、デルファイ製である。
サーブ純正供給部品ではなく、GM純正供給。
ありがたいと思うか?アメ製パーツとは相性が悪いと思うか?
まあ、ほぼGM車。
パージバルブ2

N9−3の初期タイプ03y〜04yのガソリンタンク、ポンプ、配管はUS仕様とEU仕様が混在していて、US仕様は、配管込みのポンプ交換で何が来たのか思うほど大層なセット品で、お値段も高く、仕様を別にせなあかんほどのものか〜?と思ってしまいます。
キャニスタータンクが原因やったらガソリンタンクごと降ろさないといけないので、厄介です。
車メーカー問わず、パージバルブ故障や配管の割れやホースの亀裂は2000年前後くらいの車から何故か多いですね。

 
| N9-3 | 09:08 | - | - |